年月の経過で見る超美観維持の参考資料
年月の経過で見るグリーンメタリック車のカーボディケア ジャガー Xタイプ / グリーンメタリック

2004日 スタート

13年経っても輝きを完全キープできるカー ・ ボディケア



履歴 MENU

順次、参考資料を追加しますので愛車のお手入れにお役立て下さい
 



      12月23日  
   
       8月 5日  

 
2016年 3月29日  

 
      12月 8日  

 
2015年 8月 6日  

 
      12月28日  

 
       8月26日  

 
       8月 4日  

 
2014年 3月12日  

 
      12月29日   

 
2013年10月23日  

 
      12月27日  

 
2012年10月 6日  

 
      12月16日  スポンジ戻しはピッチレスコート仕上げを心底楽しませてくれる便利技

2011年 7月 5日  ピッチレスコートで深みの光沢仕上げ / P113でレザーシート簡易清掃

2010年12月27日  初仕上げからまる6年経つ維持状態 / 受講者仕上げ

2009年10月 1日  初仕上げから10ヶ月経った維持状態の確認 / 受講者仕上げ

       6月 5日  初仕上げからヶ月経った状態 / P8コートを使った黒色素材の外装仕上げ

2004年 1月 8日   初仕上げで見る仕上がり状態 / P8コートでエンジンカバー仕上げ

 




グリーンメタリックで見る美観維持の洗車方法とコツ グリーンメタリックが

何十年経っても色あせないケア術


AKI
車磨きの参考書
グリーンメタリック車で見る美観維持のお手入れ方法



ジャガーについて

このジャガーを手掛けて今年2017年でまるまる13年を過ぎました。

種類のクリーティングコートを使うと
何十年経っても輝きを失う事無く車を超美観に維持できる現実を年月の経過で覧頂けます。





このジャガーのオーナーはご自分でお手入れをされるのが趣味の方です。

線状になった細かい磨き傷が目立ちだし
色艶に満足できなくなった時に私 大原をお呼びになる訳です。

その様な付き合い方でかれこれ13年を過ぎた訳です。



ちなみに皆さんへお伝えしておきますが!
何を使って、どのようにしてご自分でお手入れされているのかは全く知りません。

このホームページをご覧の皆さんはクリーティングコートと
バケツ1杯の手洗い洗車だと思われたことでしょうが全くの 「ブ〜!」 です(笑)

何を使おうが、どんな方法であろうが人が楽しんでいる事に
口出ししないのが私 大原流です。



私 大原の仕上げに満足されていますが
一度たりとも何を使って仕上げているのかと言う事を問われた事が無いので
こちらからは何も伝えておりません。

何を使ってるの? ・・ と聞かれたらピッチレスコートと伝えますが
聞かれることがなければ伝える事も無い訳です。



そんなこんなで呼ばれた時は修復仕上げを毎回しております。
修復とは
傷を目立たなくする傷消し仕上げ、深みの光沢仕上げ、ツルツルの保護膜仕上げです。


皆さんに、このジャガーの継続維持を見て参考にしてもらいたいのは、
どんな方法でも、また自分流の手入れをしたとしても
塗装が削れて無くならない限りは修復できる手入れになる事を確認しながらご覧下さい。

そのような見方でこのグリーンメタのボディをチェックして下さいね。





クリーティングコートの保護膜ケアはグリーン色をも超美観に耐久保持できますよ



継続仕上げで見る参考例  トップに戻る


 
copyright(C) 1989. AKI/車磨きの参考書 All rights reserved.