履歴MENU 2011年7月5日 JAGUAR X-type

グリーン ・ メタリック


ピッチレスコート     P113  
グリーンメタリックの塗装に磨き傷が入らないお手入れ方法
  


7年6ヶ月経った維持状態


初仕上げが2004日でした。

今回が2011日と言う事はまるヶ月が経った事になります。



今回はボンネットで見る深みの光沢仕上げがメインです!

ピッチレスコートを使うとここまでの事が手掛け仕上げで出来るというクッキリ ・ ニッコリのメンテナンス ・ クリーティングです。




 ピッチレスコート

    表面が滑らかな素材であれば何にでも使えるのがピッチレスコートの便利な特性です。

    色々な汚れ落としと同時に汚れ付着防止になる保護膜仕上げができる美観ケアコートです。
    今回はセンターピラーとボンネットの仕上げをご覧いただきます。

    この仕上げが誰にでも出来るところに痛快というおもしろさがあります。
    素材クッキリ。。 気分スッキリ爽快の手掛け仕上げです。


グリーンメタリックの塗装に洗車傷が入らないお手入れ方法 ◇ センターピラーのクッキリ仕上げ

  この素材は柔らかくてデリケートですから磨いたり、タオル拭きで
  擦ったりすると直ぐに傷が入ったり増えたりする質材です。

  左に見えている写真はきれいに見えるでしょが、ところが
  近くに寄って見ると意外に線状の傷が見えますよ。

        擦り傷のチェック!  /拡大写真で見る


グリーンメタリックの塗装に線傷が入らないお手入れ方法 ◇ ピッチレスコート仕上げ

  デリケートで柔らかい素材でもピッチレスコートを使うと
  信じられないくらいに質材に優しいお手入れができます。

  スポンジ塗りにしてもタオルでの拭き取りにしても力で
  ゴシゴシしない仕上げ方なので目立つ擦り傷が入る事が無い
  クリーティング ・ ケアになります。

     優しく撫ぜる仕上げ方!  /拡大写真で見る


グリーンメタリックの塗装がくすまないお手入れ方法 ◇ 仕上がりです

  いろいろな角度から見てチェックして見ましょう。

  左側にある写真では細かい部分まで確認する事ができませんからね。
  修復できるところは出来、出来ないところは無理と言うのが
  しっかり確認できますよ。

    細かい部分を確認チェック!  /拡大写真で見る 
 




◇ ボンネットのくすみ落としで深みの光沢仕上げ ◇

擦りキズ ・ 磨き傷が同時に目立たなくなるダブル効果の仕上げができます。


グリーンメタリックの塗装が色あせないお手入れ方法 グリーンメタリックの塗装が変色しないお手入れ方法 グリーンメタリックの塗装に優しいお手入れ方法とコツ

丸スポンジを使った仕上げ /拡大写真で見る
角スポンジを使った仕上げ /拡大写真で見る
丸と角の両方を使ったスポンジ仕上げ /拡大写真で見る
仕上げ前後のクッキリ感を見比べる /拡大写真で見る
 ボンネットの仕上がり状態  /拡大写真で見る
 全体像で見る仕上がり状態  /拡大写真で見る

 

ピッチレスコートを使ったボディ ・ クリーティングは仕上げ方の参考になりましたか。

では次にP113を使って簡単に出来る室内クリーティングに移ります。





 P113

    レザーシートをきれいな状態に維持して保つには、こまめなお手入れに勝るもの無しですね。

    でも手間が掛かる手入れになるなら誰もが三日坊主になることでしょう。
    そして汚れが目立つようになってからようやく手入れをするといったような流れになるのではないでしょうか。

    そんな面倒な手間を省くのがP113を使った簡易清掃です。
    タオルに吹き付けてサッと拭くだけの簡単な仕上げ方で愛車の室内とレーザシートをきれいに保てますよ。

    汚れる前に一手間仕上げが一番ですよ。。


グリーンメタリックの塗装に優しい手洗い洗車方法 ◇ ササッと軽拭き仕上げ

きれいなレザーシートや室内なら超が付くほど
簡単にタオル拭きするだけの楽々クリーティングです。

それだけで清潔空間が維持できます。

  P113 簡単仕上げ!  10/拡大写真で見る


グリーンメタリックの塗装に優しいワックス掛けの方法 このジャガーはこの様な場所で仕上げています。

バケツ1杯の水を使った手洗い洗車と
クリーティングコートを使った手掛け仕上げだけで
ご覧のような仕上げができます。


どこでも出来る便利なカーボディ ・ ケアです。

愛車のケアに活用下さい。
 



クリーティング ・ ケア7年6ヶ月経った維持状態はいかがでしょうか。

2004年1月8日 ~ 2011年7月5までの保持状態をご覧頂きました。

これからの継続維持をお楽しみにして下さい。




2010年12月27日に戻る        履歴 MENUに戻る        2011年12月16日に進む



copyright(C) 1989. AKI/車磨きの参考書 All rights reserved.