クラウンで見るボディ外装の溝に詰まった汚れ落とし P113

クラウン / パールホワイト


溝 ・ 隙間の汚れ落とし参考例
 



P113を使った車の溝に溜まった汚れ落とし 溝や隙間に埋まった頑固な汚れって嫌ですね~!

そんな汚れ除去には

P113でブシュッと分解除去しましょう
P113 ・ 歯ブラシ ・ 竹串 ・ 拭き取りタオル

これだけで

煩わしい溝や隙間の汚れ落としが簡単にできます


P113を使った車の隙間に溜まった汚れ落とし 車の外装には
これだけの溝や隙間があります。

このような部分の汚れを
スカッと取り除くのにP113を使います。


簡単に汚れ除去が出来ますから
おもしろい仕上げですよ。
P113を使った車のサイドミラー隙間の汚れ落とし
P113を使った車のドア取っ手隙間の汚れ落とし P113を使った車のマーカーレンズ隙間の汚れ落とし P113を使った車のサイドモール隙間の汚れ落とし
P113を使った車のテールライト隙間の汚れ落とし P113を使った車のリヤフェンダー隙間の汚れ落とし P113を使った車のスポイラー隙間の汚れ落とし
P113を使った車のフロントグリル隙間の汚れ落とし P113を使った車のエンブレム隙間の汚れ落とし P113を使った車の隙間に溜まった汚れ落とし
 

P113 / 今回の仕上げ方

汚れを取り除く部分の溝や隙間にP113を近づけて10センチから15センチくらいの範囲で吹き付けます。


先ず始めに拭き取りタオルを使って拭き取ります。
P113は速乾性ですから早く乾くのでタオルで速拭きするのがコツです。
タオル拭きでどれだけ汚れを取り除けるのかを確認します。


タオル拭きで汚れが取り難い場合は歯ブラシを使います。
更にP113を吹き付けてから歯ブラシでブラッシングすると汚れが分解できます。
それからタオルで拭き取ります。

最後にピッチレスコートを軽く塗ってタオル拭きをします。
汚れ付着防止の保護膜を作ります。


上記 1、2、3の仕上げ方でも落ちない頑固な汚れが残る場合の仕上げ方!

ピッチレスコートを塗り、そのまま数日放置します。
放置する事でピッチレスコートが汚れに浸透します。
1~2日後でも1週間後にでも改めて上記 1、2、3の仕上げを行います。


頑固な汚れの場合はこの繰り返しで仕上げましょう。
一度で完全に取り除こうとすると必ず歯ブラシでゴシゴシ磨く事になるでしょうから放置仕上げを
繰り返す事で塗装に優しい仕上げになります。

傷を入れない為の仕上げ方です。

     


P113で汚れ除去
 


P113を使った車の屋根隙間に溜まった汚れ落とし P113を吹き付けるのは汚れに目掛けてですよ!

他の部分に飛び散ると勿体ないので汚れに対して
ピンポイントでブシュ~っと一吹き、二吹き吹き付けます。

P113を使う前は必ずボトルを軽く振って泡立てましょう。
それから吹き付けます。

汚れ除去の仕上げ方! /拡大写真で見る


P113を使った車のヘッドライト隙間の汚れ落とし 運転席側から後部座席に向かっての仕上げです。

屋根の溝にぎっしり詰まった汚れもP113と歯ブラシを
使う事できれいに汚れを取り除けます。

このような高い位置の仕上げにはドアを開けてから
ステップに乗ると楽な姿勢での仕上げができます。

   屋根の仕上げ!  /拡大写真で見る




歯ブラシ ・ 竹串を使ったP113での汚れ除去を楽しむ仕上げ箇所

P113での仕上げ後はピッチレスコートで仕上げると
汚れが付着しても簡単に落とせるようになります。


P113を使った車のフロントバンパー隙間の汚れ落とし P113を使った車のエアロキット隙間の汚れ落とし

歯ブラシを使う水部分

/拡大写真で見る


竹串を使う隙間部分

/拡大写真で見る




隙間や溝の汚れ除去にP113をフル活用して楽しんで下さい

車の隙間に溜まった汚れを簡単に取り除けるP113 今回の仕上げには
レギュラーサイズのP113を使いました。

1本 1,620円で楽しめる汚れ除去です。

仕上げに使った量は分のくらいですよ!


P113は室内のお手入れにも使えるクリーティングコートです



スポット仕上げ  総合MENUに戻る        P113参考例  MENUに戻る



copyright(C) 1989. AKI/車磨きの参考書 All rights reserved.