P113 外装に使う
P113を使って車の外装を仕上げる箇所をクラウンで見る参考例
車のボディの隙間、溝、狭い箇所のお手入れ方法


車のヘッドライト縁の汚れを簡単に落とすお手入れ 車の溝に溜まる汚れを簡単に取り除くお手入れ方法 車の隙間に詰まった汚れを簡単に落とすお手入れ
車のバンパーの隙間汚れを簡単に落とす方法とコツ 車のミラーの隙間、溝の汚れを簡単に落とすお手入れ 車のモールの隙間汚れを簡単に落とすお手入れ方法
車のドア取っ手の隙間・溝の汚れを落とすお手入れ 車のドアの溝・隙間の汚れ落としが簡単にできる方法 車のエンブレム縁に詰まった汚れ落としのお手入れ
車のウイング縁に付いた汚れ落としのコツと方法 車のテールライト溝・隙間の汚れ落とし方法とコツ 車の凹凸部分の汚れ落とし簡単お手入れ方法とコツ


隙間、 溝、 エンブレム、 パーツの縁などの汚れを完璧に取り除くのに

便利なのがP113を使った仕上げ方になります



ピッチレスコートを使ったスポンジ仕上げが出来ない部分、難しい箇所の汚れ落としに
超便利で、超スピーディなお手入れができる方法がP113 「 歯ブラシ 」 を使った仕上げ方になります。

磨き傷が入らないように毛並が柔らかい歯ブラシを使いましょう!
「 豚毛の歯ブラシ 」 「 ソフト系の歯ブラシ 」 を兼用使いして仕上げるのがお勧めです。




上の写真で見える隙間や溝の汚れ落としがP113を使うと簡単にできます。

車全体を見ると意外と隙間、溝、凹凸部分、狭い隙間があるものです。
この部分に溜まる汚れをスッキリ取り除くと愛車のボディがより一層見栄えよくなります。

平面部分がきれいになっていたとしても隙間や溝に汚れが詰まって黒ずんだり
汚れた状態では見栄え落ちになりボディの鮮やかさを損ないます。



そこで車好き、きれい好き、美観好きの愛車愛好家を必ずニンマリ顔にさせる事ができるのが
P113を使ったカーボディ ・ クリーティングケアになります。

何故かと言えば
ブシュッと汚れに吹き付けてタオルで拭き取るだけできれいに仕上げる事が出来るからです。

また頑固な汚れの固まりには
歯ブラシを使ったブラッシングで汚れを分解して浮かせてからタオル拭きするだけの仕上げ方です。



この仕上げ方だけで愛車の細かな部分のお手入れが完璧くらいにまで出来ます。

使って便利なP113のお手入れ方法を存分に活用して
とことん楽しむカーボディ ・ クリーティングを愛車の超美観ケアにお役立て下さい。



P113  トップへ戻る

 
copyright(C) 1989. AKI/車磨きの参考書 All rights reserved.